令和元年9月20日 第3回定例会


 質問事項1  地域の子育て支援について
 最初に、地域と協働で取り組む虐待予防についてです。
 こどもたちが健やかに成長していける環境を整えていくため、平成27年3月、江東区こども・子育て支援事業計画を策定し、平成29年度に中間見直しがあり、どのような推移で改訂され、支援の充実が図られ、具体的な成果があったのかをお伺いします。
 令和元年、総人口は約52万人となり、14歳以下の人口は約6.7万人と増加しています。
特に豊洲地区の増加は顕著となっており、東陽地区も約10%増となっています。
最年少のこども年齢別での共働き夫婦世帯の割合は、10年前と比較し、最も増加しています。
 幼稚園の定員数及び利用者数は減少傾向であるが、認定こども園やこの5年で43施設増の認可保育園の定員数増加に伴い、利用者数もふえ続けています。
 集合住宅に入居する若い世代が多く、8割以上が核家族であり、孤独な親たちがふえていると推測します。
乳幼児世帯の転入出も多く、子育て中の親たちには、さまざまな不安や負担を感じている核家族が半数以上いると思われます。
 児童虐待通告件数は年間700件前後あり、平成29年度以降、相談対応件数の新規相談が特に増加していることは、重要な課題として受けとめ、虐待予防への取り組みを改めて考えていかなくてはなりません。
 そこでお伺いします。
防災での自助・共助・公助の組織同様に、区行政が区民の知識やスキルなどの潜在能力を生かす仕組みを手助けし、ともに若い世代の子育て支援と虐待防止に協働していくことを望みます。
江東区こども・子育て支援事業計画の次期展望について、お伺いします。
 そして、虐待予防について、区民が参画し、こどもたちがより暮らしやすい江東区にすることについて、考えがあればお聞きします。
 次に、こうとう子育てメッセについてです。
 2016年、区行政との協働事業であるこうとう子育てメッセは、乳幼児とその親への地域のつながりづくりと子育て支援状況の発信を目的としたイベントとしてスタートしました。
2016年の第1回に3,800人もの参加があり、2017年には5,800人参加、2018年は4,230人参加と、行政と民間サービス、子育て仲間との交流や子育て課題への対応を参加者に発信することができたと考えます。
 そこでお伺いします。
区民公募で集まった実行委員は、子育て中の親が中心となり意見が反映されていると思いますが、今までのこうとう子育てメッセの成果は、子育て世代の期待に応えられたのか、そして参加者の声に耳を傾けてこられたのか、お聞きします。
 2019年11月4日開催予定の子育てメッセは、会場を江東区総合区民センターに移し開催します。
今までの文化センターとスペース的に違いがありますが、変わりなく開催できることについて問題はないのでしょうか。
70以上の参加団体が育児情報弱者への支援、里親制度の周知、児童虐待防止・予防、育児不安の解消、少子化対策、社会全体の子育てに対するかかわり方への発言などの子育て支援情報を発信するイベントであるとともに、不安や負担を持っている核家族の若い世代が、地域と緩やかなつながりを生むことも目的としています。
 子育て世代と地域のつながりは、孤独を抱えながら子育てをする親が少しでも減り、虐待の予防につながっていくと考えます。
地域とつながりが生まれてくるからこそ、成果があると思います。
このイベントに対して、区として期待や方向性があればお聞きします。
 次に、子育て支援に求められる専門職についてです。
 親が地域とのつながりがなく、閉鎖的な家庭内で行き詰まり、虐待が起きてしまうかもしれません。
こどもと親が健やかに暮らせる環境を地域で築き、行政と子育て支援の専門家が協働して考えていく必要性について強く感じます。
 そこでお伺いします。
何より、つながりを求めているのはこどもだけではなく、悩みの多い若い世代の保護者ではないでしょうか。
虐待防止のため、地域のコミュニティにおける医療専門職等がかかわっている状況についてお伺いします。
 未就学児の保育園や幼稚園に通っていない世代への、つながりのある子育てネットワークの組織策定に期待します。

▼次ページへ▲前ページに戻る

  質問事項1の回答   区長(山崎孝明)
地域の子育て支援についてであります。
 まず、地域と協働で取り組む虐待予防についてのうち、江東区こども・子育て支援事業計画の中間見直しについてでありますが、平成29年度に国の指針に基づき見直しを行い、適切に量の見込みに反映したところであります。
 その結果、認可保育所の着実な整備など、本区の子育て支援サービスの向上に大きな成果を上げてきたものと考えております。
 次に、次期計画の展望についてですが、現行計画の成果を継承しつつ、今後、さらにこども・子育て支援施策を総合的に推進していくための新たな計画として検討作業を進めております。
未就学期の教育・保育を初め、虐待防止やこどもの貧困対策など、近年のこどもを取り巻く課題についても盛り込んでいくこととしております。
 また、虐待予防についてですが、こどもの養育が困難な家庭に対する児童家庭支援士の派遣や、子ども家庭支援センターでは、リフレッシュひととき保育を実施しております。
こうした事業には、養成講座を受講した区民がボランティアとして参画しており、今後も取り組みを広げてまいります。
 次に、こうとう子育てメッセについてですが、公募区民による実行委員会を主体として準備、開催することにより、子育て世代の視点によるさまざまな情報発信や、新たな交流が生まれる場としての成果が得られております。
 また、来場者へのアンケートでは、「楽しかった」、「役に立った」、「明るい気持ちになれた」などの回答を多数いただいており、このイベントの満足度が高いものと認識しております。
 次に、会場の変更についてでありますが、第1回開催以降、江東区文化センターを会場としておりましたが、今年度は総合区民センターのほか、一部の催しを豊洲文化センターにおいて実施いたします。
 総合区民センターにつきましては、限られたスペースを有効に使い、来場された親子に昨年以上に楽しんでいただけるよう、会場内のレイアウトや各イベント内容を工夫するなど、開催に向けて準備を進めております。
 次に、今後のこのイベントに対する期待や区の方針についてですが、区民協働事業として回数を重ねる中で、このイベントが区民による区民のための子育て支援事業として、一定の成果と定着が図られたものと認識しております。
 一方で、来場者の地域の偏りや区民の主体性のさらなる強化などの観点から、今後の事業のあり方については検討すべき時期にあると考えております。
 次に、子育て支援に求められる専門職についてですが、地域の中で、子育ての不安や悩みを相談する相手がいない、若い世代の保護者が増加傾向にあるものと認識しております。
 そのため、要保護児童対策地域協議会を通じて、保健師や保育士などの区職員を初め、子ども家庭支援センター、医療機関の専門性を持った職員が、連携を図りながら虐待防止に取り組んでまいります。
 なお、その他の御質問につきましては、所管部長から答弁いたさせます。
 

▼次ページへ▲前ページに戻る