平成28年6月9日 平成28年第2回定例会


 質問事項1   江東区ブランディング戦略による区への愛着と誇りの醸成について
まず初めに、江東区ブランディング戦略による区への愛着と誇りの醸成についてです。
 区民協働と認定カードについてお伺いします。
 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会のエンブレム委員会は、1万4,599件という多くの応募作品から、最終候補作品4作品を選定、公表し、都民の意見も参考に、4月25日に大会エンブレムとして組市松紋を採用、決定しました。
 このデザインは粋な日本らしさを描いたもので、違いを超えてつながり合うというデザインに、多様性と調和のメッセージが込められています。
このエンブレムは、皆さんに愛されて、オールジャパンとして一致団結し、活用されていくことでしょう。
 当区では、平成28年第1回区議会定例会において、新年度予算である、「スポーツと人情が熱いまち 夢への加速予算」が可決されました。
「SPORTS & SUPPORTS KOTO City in TOKYO スポーツと人情が熱いまち 江東区」という、五輪の色彩を取り入れたオリンピック・パラリンピックを応援する区独自のロゴマークができ、特にピンバッジは区民の皆さんが着用し、愛着を持って広めてくれることでしょう。
 人情が厚いまち、当区では、区民が応援イベントに参加し、大会にどのようなかかわりができるのかと、待ち望んでいます。
 そこで、お伺いします。
オリンピック・パラリンピックに関する区独自の認定カードの必要性について、考えがあります。
応援イベントで、役職に選ばれた方々、地域を中心にかかわり合いのある方々、こどもや高齢者のニーズに応えられる立場の方々に、顔写真入りのオリンピック・パラリンピックに関する区独自の応援団認定カードを製作し、お渡しするのはどうでしょう。
 スポーツ推進委員や町会長を初めとした役員、民生・児童委員、青少年団体関係者など、ジュニアリーダーの高校生以上の先輩組も活躍するかもしれません。
 そこで、もう一つ提案があります。
「SPORTS & SUPPORTS KOTO City in TOKYO スポーツと人情が熱いまち 江東区」のロゴマークの愛称を募ることで、身近に感じ、それに参加することで区民が一体となり、協力していただけるものと考えます。
このロゴマークをさらに身近に感じてもらうための愛称として、例えば「こうとうハート」や「ハートフルこうとう」などはどうでしょうか。
この愛称を旗印に、どこでも手伝うおせっかいな応援団として認定カードの登録者になっていただきます。
一致団結してオール江東で機運を盛り上げ、大きな力となってオリンピック・パラリンピックに参加し、携わっていくことで、皆さんの活力を生かしてもらいたいと考えます。
区の考えがあればお聞きします。

▼次ページへ▲前ページに戻る

  質問事項1の回答   政策経営部長(押田文子)

江東区ブランディング戦略による区への愛着と誇りの醸成についてお答えします。
 まず、区民協働と認定カードについてであります。
 区では、2020年の東京大会を契機に、区の魅力を積極的、戦略的に発信するため、本年3月、江東区ブランディング戦略を策定したところであります。
 本戦略は、区民にブランドコンセプトと、それを体現するロゴマーク等の普及を図ることで、区に対する誇りや愛着を持っていただくことを目的の一つとしております。
 現在、ロゴマークのポスターやのぼり旗等を作成し、庁舎を初め、文化センターなどの区施設に設置するなど、積極的に区民への周知に努めているところであります。
 御提案の応援団への認定カードの発行についてでありますが、現在、ロゴマークの普及をさらに進めるためにピンバッジを作成したところであります。
 ピンバッジについては、区職員だけでなく、日ごろから区の事業に御協力いただいている町会・自治会、民生・児童委員、青少年委員を初めとする関係団体の皆様にも配布し、ロゴマークの周知と引き続きの区への応援をお願いしているところであります。
 御指摘のとおり、2020年の東京大会成功のためには、ボランティアなどにより多くの区民の参画を得ることが必要不可欠であります。
 今後、ボランティアの育成など、区のおもてなしの取り組みを進める中で、おそろいのユニフォームの着用や認定証の作成など、区民が誇りを持って活動に参加できる手法を検討してまいります。
 次に、ロゴマークの愛称募集についてであります。
 ハートの形をしたロゴマークは、スポーツの感動や鼓動と江東区民の温かい人情を同時に表現したものであり、5つの色についても、それぞれ江東区の特色を表現したもので、親しみの持てるものとなっております。
 ロゴマークの愛称を公募することは、区民のロゴマークへの愛着の向上などの効果が考えられるところでありますが、区では、まず区民にロゴマークを知っていただくことが必要であると考えております。
引き続き、普及に対する取り組みを積極的に行っていく中で、愛称の募集については、課題の一つとして捉えてまいります。
 

▼次ページへ▲前ページに戻る