平成30年9月21日 平成30年第3回定例会


 質問事項1   区立公園の改善と区役所の活用について
まず初めに、区立公園の改善についてです。
 区立公園も都立公園のように樹木を多用し、安らぎを与えてくれる公園、コンパクトな森の整備を以前要望させていただきましたが、今回は楽しんで遊べる遊具と健康遊具について質問します。
 ことしは戦後一番暑い夏で、台風も数多く発生し、甚大な被害が日本を襲いました。
この猛暑の中、区立公園で安らぎを与えてくれる公園の整備は進んでいたのでしょうか。
 改修された南砂一丁目公園は既存樹をそのまま残したため、多くの高齢者が、その木陰の下に新設された円形ベンチで休息をされていました。
 南砂一丁目公園は、都営住宅進入路を間に、こどもたちと高齢者が交流できるようになっており、改善前にはなかった健康遊具や公衆便所からのバリアフリースロープができ、高齢者も活用しやすい公園となっているのです。
 また、馬丁たちが働く荷馬車の絵がある馬頭観世音の案内板を移築されたことはすばらしいことだと感じているところです。
 そこでお伺いします。
今後、公園改善において、高齢者向きの健康遊具と児童遊具の設置の割合はどのような判断で整備されるのでしょうか。
今後、高齢者に配慮した健康遊具をさらに設けたり、既存樹に囲まれるなど、心温まる公園への改善を期待するため、その方向性についてお伺いします。
 また、こどもたちが楽しめる公園の提案があります。
千石二丁目の都営団地内の公園や、扇橋三丁目の同じく都営団地内のつばめ幼稚園前の公園、どちらも小高い山が増設されており、このような盛り土をした高さのある小高い山のある公園が必要であると考えます。
開園したばかりの豊洲ぐるり公園にも設置されていました。
 国営武蔵丘陵地の森林公園は、日本一大きなエアトランポリン、ぽんぽこマウンテンが有名ですが、そこは勾配ある芝生広場で、段ボールをお尻に敷いて楽しんでいるこどもたちの姿はほほ笑ましいものです。
都立の小金井公園でも同じ光景を見ました。
 江東こどもまつりでの岩手県北上市の雪のブースは大人気で、こどもたちは雪ぞりを楽しんでいます。
 健康遊具が設けられた高齢者に配慮した公園や、小高い山があり、こどもたちが楽しめる公園について、考えがあればお聞きします。
次に、区役所の有効スペースの活用についてです。
 北海道胆振東部地震で感じたことは、区役所の有効スペースを活用することです。
耐震工事が済んだ本庁舎と防災センターの前に防災活用スペースが必要であると考えます。
 区役所右側の2020オリンピック・パラリンピック5年前イベントの、こどもたちの夢や抱負が詰まったタイムカプセルがある芝生と、樹木が生い茂る緑地がありますが、休憩場所は屋根つきの石の椅子だけで、通路はコンクリートで埋められ、水と緑豊かな環境に優しい江東区にはふさわしくない光景です。
 そこでお伺いします。
通常時は、区に訪問される方や駅や文化センターの利用者が使用できる芝生スペースや木製ベンチ、健康遊具もある高齢者に優しい公園に改善し、また、緊急時には、いずれ来るであろう大地震に対応する拠点となる防災センター前の災害対応に活用すべきと考えます。
 大地震時に炊き出しを行う場所が必要です。
安全である区役所に避難する前の一時避難エリアも、駐車場だけでは足りません。
区役所玄関右側の安らぎある公園と災害対応スペースの活用について、お考えがあればお聞きします。

▼次ページへ▲前ページに戻る

  質問事項1の回答   区長(山崎孝明)

 区立公園の改善と区役所の活用についてであります。
 まず、区立公園の改善についてですが、区立公園の改修は、老朽化した公園施設の改修と、時代の変化に対応した新しい機能を盛り込むため、長期計画に基づき、年間2園を全面リニューアルしております。
この夏も猛暑の中、作業員の体調を管理しつつ、公園の整備を進めてまいりました。
 健康遊具と児童遊具の割合についてですが、大規模改修時の設計では、公園の利用状況や地域のニーズを調査し、改修のコンセプトを定めております。
 児童や幼児を対象とした遊具や高齢者向けの健康遊具は、このコンセプトに基づき、公園の面積や設置スペース等を考慮し、全体のバランスをとりながら配置しております。
 次に、こどもたちが楽しめる公園についてですが、小高い山である築山は、千石二丁目公園や扇橋三丁目公園のほか、牡丹町公園などにあります。
扇橋三丁目公園には滑り台を、牡丹町公園にはアスレチック遊具をあわせて設置しており、多くのこどもたちが毎日楽しく遊んでおります。
 築山はこのこどもたちに人気のある施設ですが、公園の広さや公園の広場の配置、遊具の配置等を勘案すると、設置できる公園は限られています。
可能なところにはできるだけ設置してまいりたいと考えております。
 今後も地域のニーズに対応した設計を行い、こどもたちが遊びの中で心身を育み、高齢者が生き生きと健康の増進を図り、地域の誰もが安らぎを感じる公園整備を進めてまいります。
 次に、区役所の有効スペースの活用ですが、安らぎのある公園への改善と災害対応スペースへの活用についてのお尋ねですが、災害対策用としては、既に江東区地域防災計画において、芝生エリアを初めとする庁舎緑地と駐車場を災害時の食品集積地として指定しております。
 これは、災害時に区が都に生活必需品等の支援物資を要請した場合や、他道府県から支援物資等が輸送された場合、地域内輸送拠点である区役所本庁舎のほか3施設に物資が集積され、仕分け後、防災倉庫もしくは避難場所に配送する計画となっております。
 当該敷地を公園に改善するに当たっては、木製ベンチや健康遊具の設置等が支援物資の配送等に影響を及ぼすことも想定されます。
 また、芝生エリアやその他の有効スペースは、防災上の食品集積地として指定されているほか、コミュニティサイクル事業やタイムカプセルの埋設、東京2020オリンピック・パラリンピックデーカウンターの設置など、現状においてもさまざまな形で活用いたしております。
 公園を含めたさらなる有効活用に向けては、今後の検討課題と考えております。
 

▼次ページへ▲前ページに戻る